トップ > レーシック手術は、こんな感じ

レーシック手術は、こんな感じの記事一覧

レーシックの手術の過程

手術用のキャップを着用します。眼の表面を消毒します。次に麻酔用の目薬を点眼します。マイクロケラトームという機器で、角膜上皮とボーマン層を薄く削り、フラップ(ふた)をつくり、このフラップはめくっておきます。めくった部分にレーザーを照射し、屈折矯正を行います。フラップ作成や消毒、レーザー照射などをいれても 片眼 わずか15分たらずで終了します。レーシック手術は、消毒や移動時間などを入れても片目15分ほ…

【レーシックの手術の過程の続きを読む】

レーシックの保険選びについて

視力回復治療のひとつ、レーシックとレーシック治療保険についての情報ブログです。レーシックは、高額な近視治療です。少しでも治療費を安くしようと思えば保険が有効になるかもしれません。当サイトは、レーシックに適用できるかもしれない保険について紹介しています。

最近の記事
カテゴリ
検索ボックス
 
RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
ivedoorリーダーに登録
はてなRSSに追加
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。