トップ > レーシック手術ができない... > レーシック手術ができない...

        

レーシック手術ができない...

視力回復に抜群の効果があるレーシック。
視力を回復したい方には、レーシックは、とても魅力がある治療法です。

ですが、レーシック治療は、誰にでも受けることができる訳ではありません。下記にいくつかレーシック治療ができない条件を書いておきます。

■20才未満の方
20才未満の方は、まだ成長段階であるため視力が安定していません。そのため、レーシック手術を受けたとしても視力が下がってしまう可能性があります。

■妊娠中の方
妊娠中や授乳中、もしくは、その可能性がある方は、レーシック治療を受けることができません。
妊娠中は、ホルモンのバランスが安定せず、近視の値が変わる場合があります。出産、授乳が終わって近視の値が安定してから レーシック治療をしたほうがベストだと思います。

■角膜の厚さが不十分な方
角膜の厚さが薄い方は、レーシックの手術を受けることは、できません。角膜の厚さには、個人差があります。レーシック手術前の適応検査を受けないと手術可能かわかりません。

■高齢者
高齢による老眼の場合、レーシックでは視力回復できません。また、高齢者の方は、白内障を起こしている場合がありますので、レーシックを受けられない場合があります。





このエントリーを含むはてなブックマーク[clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

レーシックの保険選びについて

視力回復治療のひとつ、レーシックとレーシック治療保険についての情報ブログです。レーシックは、高額な近視治療です。少しでも治療費を安くしようと思えば保険が有効になるかもしれません。当サイトは、レーシックに適用できるかもしれない保険について紹介しています。

最近の記事
カテゴリ
検索ボックス
 
RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
ivedoorリーダーに登録
はてなRSSに追加
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。