トップ > レーシックとは... > レーシックとは、どのようなものでしょうか?

        

レーシックとは、どのようなものでしょうか?

LASIK(レーシック・Laser In‐ situ Keratomileusis)「生体内レーザー角膜切開手術」と訳します。
LASIK(レーシック)は、エキシマレーザーという専用のレーザーを使用し、近視治療手術の中では一般的な手術方法で、痛みも少なく、回復も早いという特徴があります。

レーシックの手術前に点眼麻酔薬をします。その後、マイクロケラロームという道具で、角膜の表面部分を薄く剥離し、蓋のようなものをつくり、そこをめくって角膜実質層にレーザーを照射、屈折率を変える処置をします。 その後、めくった蓋を閉じて終了となります。

レーシックは利点も多いのですが、高度な近視手術のため、医者選びを慎重におこなう必要があります。

品川近視クリニックでは、このエキマネレーザーの最新版(イントラレーシック)を導入し日本トップクラスの実績を誇っています。また、眼科専門医によるレーシック専門クリニックですので安全性が違います。

■レーシックの種類

●イントラレーシック
イントラレーシックとは、マイクロケラトームを使うレーシックと違いコンピューターを使用してレーザーでフラップを作成する手術のことです。イントラレーシックは、レーシックと比べ2/3ほどの薄さ(約90〜100ミクロン)の精巧な厚さのフラップを作成できます。

作成するフラップが厚いので、角膜が薄い方には、不向きのレーシック治療ですが、フラップ作成時の傷の治りが早く眼への負担も少ない治療法です。また、痛いも少ないのも特長の一つです。

●エピ レーシック
エピレーシックとは、
エピケラトームというフラップを作成する機器を使い、約50ミクロンの薄さのフラップを作成するレーシック治療法の一つです。
今まで角膜の薄さが原因でレーシック治療ができなかった方に向いてる治療法です。

●ウェーブフロント レーシック
個々の眼にあわせて、レーザー照射をカスタマイズするレーシック治療法の一つです。

ウェーブフロント解析装置ウェーブスキャンで眼球を細かく分析して、それから得た情報をもとに今まで、できなかった細かな不正乱視なども矯正可能になりました。ウェーブフロントレーシックはこれまでのレーシックと比較して、光のにじみを抑えられるので視力の質の向上が可能となります。

このエントリーを含むはてなブックマーク[clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

レーシックの保険選びについて

視力回復治療のひとつ、レーシックとレーシック治療保険についての情報ブログです。レーシックは、高額な近視治療です。少しでも治療費を安くしようと思えば保険が有効になるかもしれません。当サイトは、レーシックに適用できるかもしれない保険について紹介しています。

最近の記事
カテゴリ
検索ボックス
 
RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
ivedoorリーダーに登録
はてなRSSに追加
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。